日本全国には、約410万の事業場があり、そこで約5000万人もの労働者が働いていると言われています。その労働者達が安心して働けるような職場環境を整える為には、労働基準法などで定められた労働条件がきちんと守られ、さらに、その向上が図られる事が最も重要だと言えるでしょう。労働基準監督官は、全国の労働者達の生命と健康を守り、労働条件の確保と改善を図る事を目的としている国家資格なのです。厚生労働省の専門職員で、労働者が安全に、そして、安心して働けるように労働環境を整える事が労働基準監督官の仕事となります。具体的には、「会社が給料を支払ってくれない」と言った、従業員からの相談が労働基準監督署に寄せられた際に、その事実関係の調査を行います。会社側から聞き取りを行ったり、問題があった場合には適切な指導を行っていくのです。労働基準監督官の就職先は、採用後に全国の都道府県に存在している労働局、労働基準監督署に配置されます。その後は、厚生労働本省を含め、随時異動があるでしょう。ちなみに、労働基準監督官の初赴任地は原則として、出身都道府県には配属されないのが慣例です。7〜8年後にある4回目ぐらいの異動の際に、自分が希望している任地に移動出来るそうです。労働基準監督官は、特に女性の割合が多い職種ではありませんが、男女において待遇面での違いはありません。実力次第では女性も大いに活躍するチャンスがある資格ですので、女性の方も積極的に挑戦してみては如何でしょうかー